青汁入りチョコムースケーキ

チョコムースケーキは青汁とチョコの組み合わせがGood!

青汁は健康に良いと分かっていても、独特のクセや風味を感じてなかなか続けられない人もいます。
そんな方におススメなのが、スイーツに入れてしまう方法です。

 

例えばチョコムースケーキなど甘味が濃い物に入れると、青汁の苦味も目立たなくなります。
18cm丸型のスポンジを作る場合だと材料は、ホットケーキミックス80g、青汁を25g、グラニュー糖20g、グラニュー糖20g、マーガリン20g、牛乳90ccを使用します。

 

ごく普通のケーキが作れる材料ですが、青汁を入れる事でスポンジが綺麗な緑色になります。

 

牛乳とバターは事前にレンジで温めておき、卵黄とグラニュー糖は湯煎にかけ、しっかりと混ぜ合わせ、途中からハンドミキサーで混ぜるようにします。
そして全てを混ぜ合わせて型に流し、170度で13分焼くと、美しい緑色のスポンジが完成です。

 

ムースの方ですが、材料は板チョコ130g〜150g、ゼラチン10g、水110g、卵白2個 、生クリーム200cc、グラニュー糖40gとなってます。

 

まずは、粉ゼラチンを溶かし、そこにチョコを割り入れた物を作っておきます。また、卵白にグラニュー糖を2回にわけて入れ、角が立つまでハンドミキサーで混ぜメレンゲを作り、さらに生クリームも角が立つ程度にあわ立てます。

 

そしてメレンゲと生クリームをさっくりと混ぜ合わせ、ゼラチンを溶かした物に混ぜていきます。
土台のスポンジケーキを型に敷き、ムースを流し入れる事でムースケーキの完成です。
普通のケーキと何ら変わらず、甘くて美味しいケーキです。

 

 

青汁のレシピおすすめ